ブログ

 

21. 05/10

築60年の木造住宅 耐震改修を含んだフルリフォーム始まります。

[ works ]


築60年超えの木造住宅です。再建築不可の敷地のため、昭和30年代に新築された建物を2回増築しています。耐震設計をして耐震改修と断熱工事をしっかりやらないと確実に来るであろう南海トラフ地震には耐えられません。今回の物件のように道路付けなどで再建築不可の建物には区の補助金は下りないということでしたが、東京はまだまだこういった再建築不可の木造密集地に建つ築古建物が多いです。耐震補強がされていない建物は地震が来た時に倒壊して火事を引き起こしたり、逃げ道を塞いだりして2次災害が起こることが考えられるのです。耐震診断はほとんどの自治体で無料で診断を行っていますので、是非各区役所にお問い合わせの上、建物の耐震化を検討していただきたいです。
←東京都耐震ポータルサイト

21. 05/07

UPLINK 渋谷(アップリンク渋谷) 閉館

[ 日記 ]

←アップリンク渋谷が5/20で閉館されることになったようです。渋谷にはあまり縁がなくなってしまい、アップリンクがあるから行くという感じでした。残念です。五島プラネタリウムから始まった渋谷との付き合いはここで切れてしまいそうです。渋谷の駅前は相変わらず工事中で仮設の状態が続いており、2027年に終わるとどんな景色になることでしょう。最後に相応しい映画がかかっていました。

21. 05/06

またまた リノベーションのカフェ

[ 日記 ]

有名店、ブルーボトルコーヒー三軒茶屋です。コンクリートの建物を活かして柱梁を既存のまままコンセントの孔なども塞がずに使われていました。通常天井を抜くことが多いのですが、天井は新しく白く張っていて、むき出しのコンクリートとの対比が際立っていました。コンクリートブロックを敷き詰めた床は外部のようで、中と外の境をあいまいにしていて今の季節には丁度よい空間です。大勢で会食とは対極にある、1人で静かにコーヒーを飲みながら読書をしたり仕事をしたりにぴったりのカフェでした。昭和40年代の古いコンクリート造りの建物が寿命を迎える時期にあり、コンクリートの素材感や重量感を活かしながら新しく生まれ変わらせる建物やお店が増えています。壊して建てなおすことでは表現できない時間の深みが出る気がします。

21. 04/30

オールドローズ

[ 日記 ]

御近所のオールドローズが満開でした。オールドローズは花芯が見えてハナミズキのように開いて見えます。やわらかくていい感じです。

21. 04/28

フィンランド映画 ミカ・カウリスマキ監督作品

[ 日記 ]


中国人とフィンランド人という異文化の出会いとお互いを尊重しあうすばらしさをフィンランドの圧倒的な景色と共に見せてくれました。やっぱり映画はハッピーエンドがいいです。旅行できるようになったらまたフィンランドを訪れて、今度はラップランドまで足を伸ばしてみたいと思いました。