ブログ

 

21. 04/21

【浅草の町屋】キッチンの搬入

[ works ]

特注キッチンの搬入でした。敷地に空きスペースがないため仮置きは道路をお借りしています。業務用キッチンのため換気扇フードも4人掛かりで取り付けです。

21. 04/20

あの開化楼はここにありました!

[ 日記 ]

寿の碁盤の目の路地にありました!ちょうど昼休み前の出荷時間だったようです。沢山の麺の箱が積み上げられていました。職人さんも撮りたかったですが、止めておいて、通り過ぎて隠し撮りしてしまいました。この箱がおいしさの目印ですよね。浅草は職人さんの世界がまだ残っていて、現場+街歩きが楽しいです。

21. 04/19

公共の花壇

[ 日記 ]


わさわさとしたチューリップが植えられていました。公共の花壇はきちんと並べられたパンジーやマリーゴールドが多いですが、野生的で楽しげに感じられます。こちらのほうが手入れが大変です。花が終わったチューリップだけを選り分けて撤去するというのは植える→全て取り替えるよりも大変な作業だと思われ、コストもかかります。雑木類も同じで自然を再現してワイルドに仕上げるほうが大変ですが、美しいですね。

21. 04/17

「にげるために、さがすために、きみのあしはついている。」

[ 日記 ]

ヨシタケシンスケさんの新作は にげてさがして です。
「にげるために、さがすために、きみのあしはついている。」なにから逃げるのか?だれから逃げるのか?答えは「想像力のない人」なのでした。これにははっとさせられました。相手にこう言ったら何と思われるのか、言葉は受け取る人によっては傷つけたり怖がらせたり。そんなつもりじゃなかったというのは、相手の気持ちを思いやる、想像力が足りないから起こることなのですね。そんな人からはさっさと逃げて、きみのことを思ってくれているひとを探そう、世界は広いというメッセージでした。ヨシタケさんの絵本はシンプルな線の絵と言葉にぎゅっと詰まった中身が本当にすごくて、何度も読んで自分も想像力の無い人になっていないだろうか?と自問自答しています。大人も子供も世界中の全ての人におすすめの一冊です。ちなみに想像力のない人は顔が大きくて白い箱になっていて、目も口も鼻も耳もありません。

21. 04/16

食品ロス問題

[ 日記 ]


newspicks←newspicksの番組ウイークリー落合で食品ロス問題を取り上げていました。CO2の排出量を削減しなくてはと言われてもぴんと来なかったですが、食品ロスを減らすことがひいてはCO2の削減に繋がる早道だということがよくわかり、興味深い特集でした。↑ロゴmotteco(もってこ→もっとエコ)は環境省が推奨している食べ残したら持ち帰ろうという所謂ドギーバッグの日本版です。デニーズなどで試験的に始まるそうですが、ドギーバッグのデザインがかっこよければ、エコも定着しそうです。環境に良いというだけでは動かない人もエコバッグのようにかっこよければ持ち歩くし。ペットボトルのラベルなしも出ましたね。無印良品のような世界が広がっていくかもしれません。