善福寺上池の家

Home > これまでの仕事 > 善福寺上池の家

善福寺上池の家

善福寺上池の家

西荻窪の北、善福寺公園の豊かな緑が迫る土地に建つ、アクティブな趣味を多数お持ちのご夫婦のための住宅です。

計画地は、景観保持のため「風致地区」に指定された区域のため、隣地境界から1m・道路側は2m後退しなければならないといった制約や、第1種高度地区のため建物にかかる高さ制限・隣接した土地への日照をある一定以上遮ってはいけないという斜線規制等様々な制限があったため、配置計画が大きな鍵となりました。

そこで、斜線規制には寄棟(よせむね)造りとすることで、ご夫婦が望む和風で落ち着いた雰囲気を醸しつつ、天高のある寝室を確保するなど内部設計にも生かしています。
また、風致地区の指定により、本来密集しがちな住宅地に自ずと隣地との余白が生まれ、植栽を配しながら風通しや日当たりの確保ができる余裕が生まれました。既存土地は公園側に下がっていたため地盤レベルを総合的に調整し隣地の借景と2mの道路後退を利用することで、さらに空間の広がりを作るなどの工夫を重ねることで、制約を大きくプラスにしたプランが完成しました。

リビングに設けた四畳ほどの畳コーナー。
フローリングとのつなぎ目はフラットに、視覚的も広く感じられ、状況に応じてスペースをフレキシブルに利用できる。

img

ごろん、とくつろぐと植栽が目に入るように。

img

玄関からリビングを通りキッチンというルートで回遊ができるプラン。
キッチン奥にはパントリー。

img

玄関奥の階段下には大容量の収納。
ご夫婦の趣味であるゴルフグッズや自転車などをスムーズに収納できる。
背面にリビング、階段手前右手側は、パントリーを経てキッチンへと続く。

img

斜線規制を解決するための寄棟造りを生かし、天高のある明るい寝室を確保。

img

落ち着いたカーキグレーの左官仕上げに、板張り建具を組み合わせることで、周囲に溶け込んだ落ち着きのある雰囲気に。
SE構法による柱のないL型バルコニーで、大きな物干しスペースを確保。マットな質感の鉄製手すりは特注のもの。

img

寝室に朝日の入る窓を設けた。

img

Home > これまでの仕事 > 善福寺上池の家