ブログ

 

17. 10/23

墨だし(壁芯出し)に

[ works ]

墨だし(芯だし)の立会いにきました。FullSizeRender建築会社からの依頼で保育園へのリノベーション工事用の内装図面をかきました。図面を書くということは、頭の中でひととおり建築(作っている)している訳で、図面を書いた人が一番問題を把握しています。

17. 09/29

配筋検査(川口にて)

[ works ]

配筋の検査に来ました。IMG_6404今回は高基礎のため、ブリッジを渡り中に入ります。IMG_6407また、布基礎なので各場所に行くのに足場板の橋を渡らなければ行けません。FullSizeRender何か、各島々を巡るアトラクションのようです。ちなみに足場板の橋が架かっているところは、人通孔となる箇所で、上物(建物)が建ってから床下の点検時に使用されます。
  • ※布基礎(ぬのきそ)とは、長い連続したコンクリートによる基礎のことである。(ウィキペディアより)
  • 17. 09/22

    地盤改良(川口にて)

    [ works ]

    IMG_3373のコピー地盤改良が始まりました。今回は、別棟の車庫も含めΦ60cm.h=3mの柱状改良材を180㎝ピッチで約70本埋め込んでいきます。1ヵ所1ヵ所ずつ、記録していきます。IMG_3380のコピー次は、捨てコンの上に墨(建物の壁の芯の事)を出して型枠建てこみとつづき、来週の配筋検査に向けて進んでいきます。

    17. 09/04

    地鎮祭(川口にて)

    [ works ]

    IMGP6808aのコピー8月吉日川口市にて地鎮祭が執り行いました。半年後の竣工目指し、ほんかく始動します。SE工法の構造見学会も計画しております。その折には、是非お越しください。

    17. 07/28

    家。はじめに

    [ works ]

    FullSizeRender家を建てたい。
    今、賃貸にお住まいの方が、家を建てようと思ったとき「何からはじめたらよいか?」という、お問い合わせを頂きました。
    私なりに、考えてみました。
    まずは、住まう街(土地)と思います。そこで土地探しはじめる時、どんな風に考えていくかという事例を幾つかあげてみます。
    1つ目は、いま住んでいる街のご近所で探す。これは、賃貸の時から気に入っている街に住み続けるパターンです。
    周辺の土地情報として新聞の折込みチラシに入ってくる事も多いので見つけやすいのですし、看板が出ている事もあります。
    2つ目は、御実家の近くで探す。幼い頃から住みなれた街にというパターンです。
    3つ目は、まったく、新しい街で探すというパターン。少し時間はかかるかも知れませんが、自分の好き嫌い(緑や水辺・街並み・静けさ等々)
    を考えた上で「ピーン」と来たの駅で降りて、その街の雰囲気を肌で感じて決める。もちろん、朝・夕・休日と訪ねる事も忘れずに。

    いずれにせよ、3つ目の「好き、嫌い」を見つめ直す事が、一番大事な事であり、一番むずかしい事とおもいます。